手厚いサポートが売りの振袖レンタル店ならメイクや撮影もして貰える

ピンクの着物

成人式当日までの準備を楽にしてくれる振袖レンタル

マーガレット柄

学業や仕事の合間に成人式の準備をするというのは大変なものです。そこに振袖や着装小物の用意に加えて、当日の着付けやメイクそして撮影の依頼なども全て自分で行うとなると、かなり余裕を持って準備しないと間に合わないでしょう。そんな振袖の用意にかかる手間の一切を省く事が出来るのが、振袖のレンタルなのです。振袖レンタルを利用すると、購入するよりも格安で振袖を用意できるという事は誰しも考える事でしょうが、実はレンタルでは振袖を貸してくれるだけでなく、それ以外の準備一切もセットでサポートしてもらえる事が多いのです。
例えば振袖や帯といった必要不可欠な物はもとより、襦袢や足袋といった必要不可欠な着装小物一切のレンタルをしてくれます。さらに当日の着付けやヘアメイクについても、お店のスタッフか提携している美容師などが担当してくれるので、自分で手配する必要もありません。成人式の華々しい姿を形に残してくれる記念写真についても、お店で撮影してくれる事もありますし、提携している街の写真館や前撮り撮影用に特別な会場を用意して対応してくれます。
つまりお店に振袖のレンタルを予約するだけで、前撮りや当日に至るまでの一切の手配を代わりにしてくれるので、後は案内に従って行動するだけなのでとても楽です。振袖を安く借りられるだけでなくこうした手厚いサポートがあるからこそ、レンタルに高い人気がある要因となっているのです。

振袖レンタルを利用するタイミング

振袖をレンタルするタイミングの早期化がどんどん進んでいる昨今、どの時期に振袖を予約すればいいのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。特に、振袖レンタルを利用するのが初めてという方の場合、いつ振袖を選んで予約すればいいのかわからず、タイミングを逃してしまう事も多いのです。
というのも、振袖の予約は最速で高校3年生の7月から8月の間、つまり成人式の2年半も前から始まっているからです。ではなぜこんなにも早く成人式の振袖のレンタル予約が始まるのかというと、できるだけ在庫の多い時に自分に合った振袖を選んでおきたい方が多いからです。やはり、成人式の日が近づくにつれてどんどん振袖の予約が入って、在庫も少なくなってきます。
その点2年半も前ならまだまだ予約が入っていない在庫がたくさんあるため、選べる余地がたくさんあります。
また、タイミングとしては、成人式が終わって続々と振袖が返却される1月下旬から3月の間がおすすめです。振袖が返却されるということは、店頭に並ぶ振袖も多くなるという事なので、このタイミングを狙って振袖レンタル店に予約を入れておく方も多いのです。成人式の日に自分に合った振袖をレンタルしたいのなら、やはりできるだけ早めに振袖を押さえておくのが1番です。

振袖をレンタルするショップを選ぶ時は費用を確認しましょう

高校を卒業してしばらくすると成人式用の振袖のレンタルをお勧めするカタログや、パンフレットなどがレンタルショップから送られてくるようになります。それもレンタルショップは同じ地域でもかなりたくさん存在していますから、それぞれのお店から案内が来ると結局どのお店を選べばいいのか分からなくなってしまいがちです。でも適当にお店を選んでしまうと損をしてしまう事もあるので、慎重に選びたいところです。最も確認しなければならないのは、振袖レンタルを利用した場合にかかる総費用についてです。当たり前のように感じますが、実はレンタルショップが提示している金額と、最終的な総費用というのは大きく異なるケースがよくあります。
一番多いのはパンフレットに提示されているのは振袖と帯のみのレンタル費用で、前撮り撮影や着付けヘアメイクなどが全て別料金になっているというケースです。これ自体は、前撮りをしなくていいという人や着付けは自分や家族で出来る、という人もいますからいいのですが、大体の方は前撮りや着付けも希望されますからオプションなども足した結果、想定より金額が増えてしまう事があるという事です。
中には必要な費用が全てセットになった金額を提示しているショップもありますので、まずはパンフレットに記載されている料金がどういった設定になっているのか、ホームページを確認してみたり事前に問い合わせしておくと安心です。

ホームページにきちんと金額を提示しているのが振袖レンタル専門店の【一蔵】です。こちらは前撮りにも対応しており、拝啓を自由に選ぶことができるので、若い女性にとても人気です。